未分類

豆乳とじゃがいものスープで生理痛を穏和!

更新日:

生理前から生理中は女性ホルモンのエストロゲンが少なくなり、プロゲステロンの分泌が多くなります。そうなると肌荒れやイライラ、むくみなどが起こりやすくなります。普段からスナック菓子やジャンクフードなどの添加物が多い食べ物を好んで食べる人や、チョコレートや揚げ物など糖質と脂質がたっぷりの物が好きな人は、女性ホルモンのバランスが乱れやすく、生理前にプロゲステロンがより多く分泌されやすくなるので、生理痛も酷くなる場合もあります。

生理中はエストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンを積極的に摂り入れることで生理痛を穏和させることができます。また、血行を良くすることでも痛みを和らげることができるので、体を温める食べ物も良いですよ。

生理痛の時におすすめなのが豆乳とじゃがいものスープです。じゃがいもを茹でてすり潰した物と豆乳を鍋に入れて弱火でトロッとするまで煮込みます。味付けはコンソメと塩コショウで大丈夫です。豆乳には大豆イソフラボンが豊富ですし、じゃがいもには体を温める働きがあります。生姜にも血行を良くする効果があるので、お好みで入れても良いですよ。

生理痛が辛い人は生理の1週間くらい前から豆乳とじゃがいものスープを飲むことで、女性ホルモンのバランスを整えることもでき効果が出やすくなるので試してみてください。

-未分類

Copyright© 生理痛のひどい痛みを和らげるおすすめのサプリと食べ物まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.